沖縄県は、認可保育園に入れない待機児童の解消に向けた「県子ども・子育て支援事業支援計画」(黄金っ子応援プラン、2015~19年度)を見直し、待機児童ゼロの目標年度を17年度末から19年度末に延長する方針を決めた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/206265

Naha-shi
「待機児童ゼロ」は2019年度末 沖縄県が目標年度を延長 定員数増やす – 沖縄タイムス+プラス プレミアム

 沖縄県は、認可保育園に入れない待機児童の解消に向けた「県子ども・子育て支援事業支援計画」(黄金っ子応援プラン、2015~19年度)を見直し、待機児童ゼロの目標年度を17年度末から19年度末に延長する方針を決めた。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/206265

Read More!
  •  名護市長選に初当選した無所属新人の渡具知武豊氏(56)が5日、インタビューに応じた。 -今回の選挙で、辺野古新基地に関して名護市民はどういう民意を示したのか。 「基地問題が重要と言う人が半数以上で、市民が辺野古問題に関心を持っているというのは聞いている。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/205769

  •  「市街地の(観光施設)ネオパークオキナワにパンダを誘致する。大きな観光資源として整備したい」。8日、名護市長選で3選を狙う現職の稲嶺進氏は、名護市内での政策発表の最終盤で「パンダ誘致」をアピールした。 県内の経済関係者らを呼び掛け人に、中国から沖縄へのパンダ誘致を目指す計画がある。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/201384

  •  26日死去した野中広務氏は自民党幹部や閣僚として、沖縄振興と基地問題に奔走した。普天間飛行場返還を決めた橋本内閣時代の党幹事長代理であり、その後に名護市辺野古沖への移設計画にも深く関わった。小渕内閣で官房長官兼沖縄開発庁長官を務め、政府の沖縄関係政策を仕切った。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/201199

  •  名護市長選で8日、政策発表会見を開いた稲嶺進氏との質疑は以下の通り。 ―新基地建設に終止符を打つと言うが、どう止めるか。 護岸工事などが進んでいるが、本体工事、埋め立て工事は手が付けられない。名護市長が管理する美謝川の出口が埋め立て予定地を流れており、市長の許可を経て水路を変更しないといけない。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/192245

  •  県や市町村が認可保育園に入れない待機児童の解消に向けた取り組みに力を入れているにもかかわらず、県内の待機児童数が3952人と高止まりしているのは、施設整備が進み定員が増えたことで「入所できるかもしれない」と、潜在的ニーズを掘り起こしたことが背景にある。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/187281

「待機児童ゼロ」は2019年度末 沖縄県が目標年度を延長 定員数増やす – 沖縄タイムス+プラス プレミアム

 沖縄県は、認可保育園に入れない待機児童の解消に向けた「県子ども・子育て支援事業支援計画」(黄金っ子応援プラン、2015~19年度)を見直し、待機児童ゼロの目標年度を17年度末から19年度末に延長する方針を決めた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/206265

Comment for

 沖縄県は、認可保育園に入れない待機児童の解消に向けた「県子ども・子育て支援事業支援計画」(黄金っ子応援プラン、2015~19年度)を見直し、待機児童ゼロの目標年度を17年度末から19年度末に延長する方針を決めた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/206265



WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Log in