【東】昨年10月11日に米軍普天間飛行場所属CH53E大型輸送ヘリが東村高江の民間地で不時着炎上した事故で、国頭地区行政事務組合消防本部が、米軍の立ち入り規制により「出火原因を特定することができなかった」とする火災調査書をまとめていたことが12日分かった。昨年10月30日付。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/236891

Naha-shi
「民間地で起きた事故なのに…」 消防、高江ヘリ炎上の究明を断念 規制で物証得られず – 沖縄タイムス+プラス プレミアム

 【東】昨年10月11日に米軍普天間飛行場所属CH53E大型輸送ヘリが東村高江の民間地で不時着炎上した事故で、国頭地区行政事務組合消防本部が、米軍の立ち入り規制により「出火原因を特定することができなかった」とする火災調査書をまとめていたことが12日分かった。昨年10月30日付。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/236891

Read More!
  •  沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が9日に着手した「N3」護岸は「K4」「N5」と一部海域を囲い込むため、本格的な土砂投入が加速する見通しだった。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/235284

  •  辺野古新基地建設予定地のうち、水深が深い海底の地盤は非常に軟弱な地点も存在することが、ボーリング調査から分かる。羽田空港の埋め立て工事現場にはヘドロの層があり、地盤はマヨネーズ並みの軟らかさだと言われたが、それに匹敵する可能性がある。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/225884

  •  沖縄県と県文化振興会は12日、「文化による、企業と地域のあたらしい関係づくり」と題した企業向けセミナーを那覇市の八汐荘で開いた。文化団体や企業の文化事業などに携わる担当者らが企業の文化芸術活動を通じた地域・社会貢献活動(メセナ)の可能性を探った。セミナーには約120人が参加した。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/222031

  •  八重山民謡の第一人者・大工哲弘の芸歴50周年と、八重山うた大哲会設立を記念した公演「陽春(うるずん)ぬ宴 響(とぅゆ)ましょうら やいまうた~大工哲弘・苗子うた会」が18日午後3時と6時半、浦添市の国立劇場おきなわである。大工の独唱や約150人の弟子による斉唱など八重山の旋律で節目を彩る。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/219992

  •  人手不足が深刻化する中、IT(情報技術)を活用して生産性の向上に取り組む動きが出ている。人工知能(AI)や、あらゆるモノがネットとつながるIoTなどの技術革新でドローンなどの新たな製品も普及する中、沖縄県内の中小企業でもITの導入が徐々に広がりつつある。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/217367

「民間地で起きた事故なのに…」 消防、高江ヘリ炎上の究明を断念 規制で物証得られず – 沖縄タイムス+プラス プレミアム

 【東】昨年10月11日に米軍普天間飛行場所属CH53E大型輸送ヘリが東村高江の民間地で不時着炎上した事故で、国頭地区行政事務組合消防本部が、米軍の立ち入り規制により「出火原因を特定することができなかった」とする火災調査書をまとめていたことが12日分かった。昨年10月30日付。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/236891

Comment for

 【東】昨年10月11日に米軍普天間飛行場所属CH53E大型輸送ヘリが東村高江の民間地で不時着炎上した事故で、国頭地区行政事務組合消防本部が、米軍の立ち入り規制により「出火原因を特定することができなかった」とする火災調査書をまとめていたことが12日分かった。昨年10月30日付。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/236891



WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Log in