今日も学校へ行けるのは 兵隊さんのおかげです-。1943年、旧真壁村にあった真壁国民学校の集団登校風景。子どもたちは「兵隊さんよありがとう」や軍歌を声をそろえ歌い、学校を目指した。 「前進め」。高等科1年の大城藤六さん(86)が、力強く号令を掛けた。当時、真栄平区の青少年団分団長。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103231

Naha-shi
「皇国民錬成」へ国民学校発足 教育の暴走、住民へ戦禍拡大【心縛「共謀罪」と沖縄戦・5】 – 沖縄タイムス+プラス プレミアム

 今日も学校へ行けるのは 兵隊さんのおかげです-。1943年、旧真壁村にあった真壁国民学校の集団登校風景。子どもたちは「兵隊さんよありがとう」や軍歌を声をそろえ歌い、学校を目指した。 「前進め」。高等科1年の大城藤六さん(86)が、力強く号令を掛けた。当時、真栄平区の青少年団分団長。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103231

Read More!
  •  1931年夏。「大宜味村政革新同盟」の演説会。青年弁士が、高税を課し村民を圧迫する村を批判。熱のこもった演説に、興奮した群衆が拍手で応えた。 「みんなで喜び、手をたたいて応援した」。玉城深福さん(101)=当時15歳、村田嘉里=は、喜如嘉尋常小学校の高等2年。同級生らと演説会に参加した。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/102386

  •  コンビニ国内最大手のセブン-イレブンが沖縄進出を決めたのは、人口増加を背景に拡大が続く県内市場を取り込んで成長を見込むと同時に、国内唯一のセブン「空白地」の解消も実現できるためだ。5年間で250店舗という急激な出店は顧客や労働者の奪い合いが生じるのは確実だ。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/101580

  •  【東京】元自衛官や市民らでつくる「ベテランズ・フォー・ピース・ジャパン(VFPJ)」が発足し、元陸上自衛官の井筒高雄代表=写真中央=らが1日、衆院議員会館で設立会見を開いた。自衛官の経験を基に、米軍と自衛隊の一体化の現状などを国民に広く伝える。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/100322

  •  無人機やロボットなど戦闘地に投入する最新兵器の実用訓練の実験部隊が米軍キャンプ・ハンセンに投入されたことに、地元自治体や県は「秘密裏に訓練が進められるのか」「気味が悪い」と不快感を示した。また、地元に対して訓練内容の説明がないことに「最低限の情報は把握したい」と求める声も上がった。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/99760

  •  国の沖縄関係予算の公共投資交付金(ハード交付金)の減額を受けて、県土木建築部が本年度に発注する予定の工事数が大幅減となっている。 2017年度の当初発注見通しの工事件数は、前年度比167件減の383件。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/98518

「皇国民錬成」へ国民学校発足 教育の暴走、住民へ戦禍拡大【心縛「共謀罪」と沖縄戦・5】 – 沖縄タイムス+プラス プレミアム

 今日も学校へ行けるのは 兵隊さんのおかげです-。1943年、旧真壁村にあった真壁国民学校の集団登校風景。子どもたちは「兵隊さんよありがとう」や軍歌を声をそろえ歌い、学校を目指した。 「前進め」。高等科1年の大城藤六さん(86)が、力強く号令を掛けた。当時、真栄平区の青少年団分団長。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103231

Comment for

 今日も学校へ行けるのは 兵隊さんのおかげです-。1943年、旧真壁村にあった真壁国民学校の集団登校風景。子どもたちは「兵隊さんよありがとう」や軍歌を声をそろえ歌い、学校を目指した。 「前進め」。高等科1年の大城藤六さん(86)が、力強く号令を掛けた。当時、真栄平区の青少年団分団長。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/103231



WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Log in