北城ろう学校野球部の監督を振り出しに読谷、コザ、中部工業(現・美来工科)で二十数年間、采配を振るった大庭猛義(72)。監督としての最後の試合は2002年の夏の選手権県大会だった。1回戦で中部工は延長十二回、普天間に0−1で敗れ、大庭はユニホームを脱いだ。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/265670

Naha-shi
甲子園は目標、目的は人間づくり 北城ナインとの夏で学んだこと – 球児たちの1世紀 夏の甲子園100回

 北城ろう学校野球部の監督を振り出しに読谷、コザ、中部工業(現・美来工科)で二十数年間、采配を振るった大庭猛義(72)。監督としての最後の試合は2002年の夏の選手権県大会だった。1回戦で中部工は延長十二回、普天間に0−1で敗れ、大庭はユニホームを脱いだ。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/265670

Read More!
  •  夜が明け、辺りが白んでくると、船上からは桜島が見えた。1958年7月29日、沖縄県勢初の甲子園出場を決めた首里は、保護者や友人、学校関係者ら数千人に見送られ、沖縄丸で那覇の泊港を出港。24時間以上の船旅を経て鹿児島に到着した。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/247747

甲子園は目標、目的は人間づくり 北城ナインとの夏で学んだこと – 球児たちの1世紀 夏の甲子園100回

 北城ろう学校野球部の監督を振り出しに読谷、コザ、中部工業(現・美来工科)で二十数年間、采配を振るった大庭猛義(72)。監督としての最後の試合は2002年の夏の選手権県大会だった。1回戦で中部工は延長十二回、普天間に0−1で敗れ、大庭はユニホームを脱いだ。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/265670

Comment for

 北城ろう学校野球部の監督を振り出しに読谷、コザ、中部工業(現・美来工科)で二十数年間、采配を振るった大庭猛義(72)。監督としての最後の試合は2002年の夏の選手権県大会だった。1回戦で中部工は延長十二回、普天間に0−1で敗れ、大庭はユニホームを脱いだ。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/265670



WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Log in