【次代の肖像】沖縄伝統古武道保存会文武館 仲本守館長(46) 「伝統を消せば何も残らない。沖縄らしい、ここにしかないものを守っていく必要がある」。沖縄伝統古武道保存会「文武館」(那覇市首里鳥堀町)の仲本守館長(46)=教士八段=は前を見据え、技の継承と門下生育成へ決意をにじませた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/192094

Naha-shi
空手の伝統継承、己との闘い 信念胸に日々鍛錬と研究 – 沖縄空手

【次代の肖像】沖縄伝統古武道保存会文武館 仲本守館長(46) 「伝統を消せば何も残らない。沖縄らしい、ここにしかないものを守っていく必要がある」。沖縄伝統古武道保存会「文武館」(那覇市首里鳥堀町)の仲本守館長(46)=教士八段=は前を見据え、技の継承と門下生育成へ決意をにじませた。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/192094

Read More!
  •  「沖縄空手振興ビジョン(仮称)策定シンポジウム」(主催・県)が19日、豊見城市の沖縄空手会館であり、ビジョン策定に携わる3人の部会長とゲストが沖縄空手の未来を提言した。86人が参加。コーディネーターは県空手振興課の山川哲男課長が務めた。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/186334

  •  沖縄空手の三大流派である「しょう林流・剛柔流・上地流」と異なり、世界中の空手四大流派は、松涛館(しょうとうかん)、剛柔流、糸東(しとう)流、和道流とされる。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/166683

  • 【連載・空手と私】上地哲さん(63)沖縄県よろず支援拠点のチーフコーディネーター 県よろず支援拠点でチーフコーディネーターとして、企業の経営相談に応じる上地哲さん(63)。15歳から習い始めた空手歴は48年になる。現在教士八段。大学卒業後に経験した職業は自営業を含め十数社に上る。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/153752

  •  米国において活発に展開している沖縄空手の流派の一つ、一心流。具志川出身の創始者島袋龍夫氏は、喜屋武朝徳や宮城長順各氏等に師事し、1946年に道場を開設。55年に米海兵隊に空手指導者として採用され、56年に一心流と命名した。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/147828

空手の伝統継承、己との闘い 信念胸に日々鍛錬と研究 – 沖縄空手

【次代の肖像】沖縄伝統古武道保存会文武館 仲本守館長(46) 「伝統を消せば何も残らない。沖縄らしい、ここにしかないものを守っていく必要がある」。沖縄伝統古武道保存会「文武館」(那覇市首里鳥堀町)の仲本守館長(46)=教士八段=は前を見据え、技の継承と門下生育成へ決意をにじませた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/192094

Comment for

【次代の肖像】沖縄伝統古武道保存会文武館 仲本守館長(46) 「伝統を消せば何も残らない。沖縄らしい、ここにしかないものを守っていく必要がある」。沖縄伝統古武道保存会「文武館」(那覇市首里鳥堀町)の仲本守館長(46)=教士八段=は前を見据え、技の継承と門下生育成へ決意をにじませた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/192094



WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Log in