イノシシと豚を掛け合わせた国頭産のイノブタ「くんじゃん命豚(ぬちぶた)」を堪能できるお店が浦添市牧港にある。生産農家が直営する「デリカテッセンまちなと一丁目」。イノブタを使った肉厚のぬちぶたハンバーグ(650円)は、肉のうま味をしっかりと感じられるジューシーな味わいが自慢の人気メニューだ。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/267789

Naha-shi
肉のうま味しっかり ジューシーな沖縄産イノブタ 浦添市牧港「デリカテッセンまちなと一丁目」 – 胃心地いいね

 イノシシと豚を掛け合わせた国頭産のイノブタ「くんじゃん命豚(ぬちぶた)」を堪能できるお店が浦添市牧港にある。生産農家が直営する「デリカテッセンまちなと一丁目」。イノブタを使った肉厚のぬちぶたハンバーグ(650円)は、肉のうま味をしっかりと感じられるジューシーな味わいが自慢の人気メニューだ。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/267789

Read More!
  •  かつて基地の門前町としてにぎわった嘉手納町の新町通り。その一角に誰にも教えたくない店がある。心地よいジャズの音色に、ほんのりとアロマの香りが漂う「HIDEKO’S SEAFOOD CAFE」。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/243958

  •  サトウキビやパイナップル畑の緑に囲まれ、金武湾の島々を一望できるロケーションの中で、きちんと手の込んだ洋食を食べられる。 代表の新里清次さん(55)は元宜野座村企画課長。「村の課題は宿泊施設がないこと。地元の人も集まって楽しめるような『泊まれるカフェ』を造りたかった」。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/207268

  •  那覇市安謝のサンドイッチ屋「Yes!!!PICNIC PARLOR(イエス ピクニックパーラー)」。オーナーの又吉悟さん(36)が「気軽にサンドイッチをテークアウトでき、ピクニックに行けるようなお店を作りたい」と2015年8月にオープンした。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/174526

  •  深い緑の木々が生い茂り、川の水面で羽を休める野鳥の群れ。時折、カヤックが行き交う。嘉手納町嘉手納の「Green River Cafe」のウッドデッキテラスは、比謝川の大自然を満喫でき、ペットも一緒にすごせる癒やしの空間だ。コンクリート平屋建ての壁は曲線を描く。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/136079

  •  バケットの周りは少しカリッと、中はふわふわのフレンチトースト。たっぷりかけた蜂蜜が染み込み、オレンジバターの風味が食欲をそそる。 嘉手納町水釜のはちみつカフェ「FROMO」(フローモ、代表・石渡みち代さん)のおすすめメニュー「ハニーフレンチトースト」(税別600円)だ。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/85700

肉のうま味しっかり ジューシーな沖縄産イノブタ 浦添市牧港「デリカテッセンまちなと一丁目」 – 胃心地いいね

 イノシシと豚を掛け合わせた国頭産のイノブタ「くんじゃん命豚(ぬちぶた)」を堪能できるお店が浦添市牧港にある。生産農家が直営する「デリカテッセンまちなと一丁目」。イノブタを使った肉厚のぬちぶたハンバーグ(650円)は、肉のうま味をしっかりと感じられるジューシーな味わいが自慢の人気メニューだ。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/267789

Comment for

 イノシシと豚を掛け合わせた国頭産のイノブタ「くんじゃん命豚(ぬちぶた)」を堪能できるお店が浦添市牧港にある。生産農家が直営する「デリカテッセンまちなと一丁目」。イノブタを使った肉厚のぬちぶたハンバーグ(650円)は、肉のうま味をしっかりと感じられるジューシーな味わいが自慢の人気メニューだ。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/267789



WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Log in