産経新聞によると、人工知能(AI)を防災に生かす取り組みが広がっている。川崎市では、架空の観測データを使って、津波のパターンを無数に学習させておき、実際に発生した際には実測値と学習成果をもとに、到達時間や高さ、浸水域などを予測し、減災につなげる。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/292120

Naha-shi
AIによる防災取り組みを読み解く 遠藤聡志氏(琉球大学工学部教授) – タイムス×クロス ニュースナビ+プラス

 産経新聞によると、人工知能(AI)を防災に生かす取り組みが広がっている。川崎市では、架空の観測データを使って、津波のパターンを無数に学習させておき、実際に発生した際には実測値と学習成果をもとに、到達時間や高さ、浸水域などを予測し、減災につなげる。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/292120

Read More!
AIによる防災取り組みを読み解く 遠藤聡志氏(琉球大学工学部教授) – タイムス×クロス ニュースナビ+プラス

 産経新聞によると、人工知能(AI)を防災に生かす取り組みが広がっている。川崎市では、架空の観測データを使って、津波のパターンを無数に学習させておき、実際に発生した際には実測値と学習成果をもとに、到達時間や高さ、浸水域などを予測し、減災につなげる。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/292120

Comment for

 産経新聞によると、人工知能(AI)を防災に生かす取り組みが広がっている。川崎市では、架空の観測データを使って、津波のパターンを無数に学習させておき、実際に発生した際には実測値と学習成果をもとに、到達時間や高さ、浸水域などを予測し、減災につなげる。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/292120



WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Log in