貴族の宮殿を彩ったウィーン手作りの逸品 [住宅設計・間取り]

Allabout No Comments »

[...]

Read 貴族の宮殿を彩ったウィーン手作りの逸品 [住宅設計・間取り] More!

北欧マインドの収納をプランに取り入れる [住宅設計・間取り]

Allabout No Comments »

[...]

Read 北欧マインドの収納をプランに取り入れる [住宅設計・間取り] More!

戸建て住宅の間取り研究(5)3LDK・都市型住宅 [住宅設計・間取り]

Allabout No Comments »

都市型住宅とは

都市に建つ住宅は制約が多くても工夫をこらすことで理想の暮らしを実現できる

都市型住宅とは、どのような住宅を指すのでしょうか。厳密な定義はなく、今回はおおむね以下のような特徴をもつ住宅を「都市型住宅」として位置づけます。
■都市部に建つ戸建て住宅
■敷地面積は狭めである
■敷地形状は間口の狭い長方形
■近隣の家同士が接近して建つ
郊外型の敷地にゆとりのある戸建て住宅とは異なり、採光、通風、プライバシー、防犯などの面に配慮が必要になってきます。そのために取られる間取りの工夫を以下に挙げます。


 

都市型住宅間取りの工夫例
■敷地が狭いため、道路に面してビルトインガレージを設けることが多い。
■内部に中庭などの空間を設け、そこから採光・通風をとる
■3階建てにしたり、または地階を造るなど縦方向で面積を確保する

 

ビルトインガレージとは

ビルトインガレージ採用の際は建物の強度に気をつけて。

ビルトインガレージとは建物内部に設けられた駐車場のことで、主に敷地面積に余裕のない場合に用いられる方法です。
メリットとしては、駐車場が屋内にあるので雨にぬれずに乗り降りや荷物の運搬ができることがあります。デメリットとしては、敷地の狭い間口いっぱいに駐車場が設けられるケースが多く、その部分に柱が設けられないため、家全体の構造耐力が弱くなってしまう可能性があることです。最近ではこのようなビルトインガレージ形式をとる場合は、開口部に補強を行うなど対策が進んでいます。


 

中庭からの通風・採光
隣の住戸と近接して建つため、プライバシーの面で建物の外周部に開口部を設けにくく、またせっかく窓を設けても隣の建物の影になり日照が期待できない場合があります。従って、住宅の内部に中庭的な空間を設け、そこに向かって大きく開口を取り、通風や採光を取るという手法をとります。また、トップライトを設けて上方向から採光を取る方法も有効です。

 

3階建てにする、地階を造る
もともと敷地面積にゆとりがなく、かつ1階にビルトインガレージを設けることになると、住居面積として不足した分は縦方向に面積を増やして補うことになります。
3階建てにする場合、木造でも可能ですが、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の採用も視野に入れて、どの構造を採用するか検討してみてください。3階部分は日照・通風・眺望面で条件がよくなりますが、日常的な上り下りがきつい部分になりますので、設ける部屋についてはよく検討することが大切です。
地階を設ける場合、地上階は木造でも、地階だけは鉄筋コンクリート造など別の構造を採用しなくてはなりません。混構造になることや土の掘削や処理等も発生するため、建設コストは高めになります。
次のページで都市型住宅の間取り例をご紹介します。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/hU1K_B5u9Yzi/12921c817f579c5fe03d7e3192feda5b?ul=Vhp_L0.5DwNimaiRUjU9dWft1joQ9QwrOaTIaXnJePWzLymNCP2N6TmfWYfXEqAqbEIi3_31xc8TeHQj6RGOK6pF2VSJ

Read 戸建て住宅の間取り研究(5)3LDK・都市型住宅 [住宅設計・間取り] More!

戸建て住宅の間取り研究(2)30坪の家の間取り [住宅設計・間取り]

Allabout No Comments »

南北に長い敷地で検証

延べ床面積が30坪だとどんな間取りができる?

延べ床面積が100平方メートル(30坪)の戸建て住宅だと、どのような間取りができるでしょうか。
今回は都市近郊の住宅街でよく見かける「南北に長い土地」に建つと想定した木造2階建ての間取りを用意しました。南向きの間口が狭い場合は、採光や通風の条件をよく検討してプランニングを行う必要があります。それでは早速間取り例を見てみましょう。


 

30坪なら3LDKの間取りも可能
こちらの間取り図は1階の床面積は54.79平方メートル(16.5坪)、吹抜けのある2階は少し減って44.90平方メートル(13.58坪)、合計した延べ床面積は99.69平方メートル(30.15坪)となっています。前回ご紹介した極小間取り(15坪)の約2倍あります。

【図】30坪の家 間取り例(クリックして拡大)

延べ床面積が100平方メートル(30坪)の場合、一つ一つの部屋はややコンパクトになりますが、独立したキッチン、リビング、ダイニング、洋室・和室合わせて3つの個室を配する3LDKの間取りができました。しかしゆとりがあるわけではなく、和室(畳の間)は4.5帖となっています。
もしこの和室を「予備室」として確保しておくのであれば、ここに広く面積をさくのではなく、その分リビング・ダイニングなどを少しでも広く取ることをお勧めしたいと思います。


 

南北に長い敷地の場合
南側に間口の広い土地であれば採光条件は良好になりますが、実際には密集した住宅地では南北に長く、南向きの間口の狭い土地を多く見かけます。
南北に長い敷地の場合、風と光の取り入れ方に工夫が必要です。今回の間取り例のように、中央部に中庭(ウッドデッキ)を配し、リビング・ダイニングの採光・通風をここから取り入れる方法もあります。窓を開ければ室内と屋外が一体となり、空間的な広がりも期待できます。このウッドデッキの南面はカーポートなので日当たりは確保されています。
次のページで吹抜け、ロフトについて触れます。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/hU1K_B5u9Yzi/0877621d9efa2deebe9edaaa67ddc416?ul=C2dQr6UhTx5Y8WmxdyLhOo616JCaGTP5.on4LZrnNdgg0eDTWVLU49TGl4ZjkxJgLEjmqO1U1GOtMFIh7R7JxkCkUnI0

Read 戸建て住宅の間取り研究(2)30坪の家の間取り [住宅設計・間取り] More!

気持ちの良い空間をつくるポイントは床材にあり [住宅設計・間取り]

Allabout No Comments »

畳からカーペット、そしてフローリングへ
多くの住宅にフローリングが使われていますが、広く使われるようになったのは昭和の初め頃。それまでは畳が多く使われていました。畳の生活から西洋化に伴ってカーペット、そしてフローリングが使われるようになったのです。一言でフローリングといっても、種類や形、サイズ、色、板幅や張り方のパターンによっても室内の雰囲気はガラリと変わります。そのポイントを考えてみましょう。
フローリングの種類は
フローリングは無垢材(単層フローリング)と複合フローリングの2つに分けられます。さらに複合フローリングの中には第1種、2種、3種に分類されます。
・無垢材・・・1本の原木から板を直接必要な方法に切り出したもの
・複合1種フローリング・・・ベニヤ合板のみを基材としたもの。表面に天然木の化粧を施す
・複合2種フローリング・・・集成材や単板積層板を基材としたもの。表面に突板を貼る。
・複合3種フローリング・・・1、2種以外のものすべてを指す

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/hU1K_B5u9Yzi/f9adfa6972ecbbc1679fe2c1a3b9b9a7?ul=huvVGuXGciSFwaAAYAKdO.H4hc1GypscmOKTSzuY2E0aNgiRfoLfuoYJv9N6k_DWbtD0dYfikXOCLGtxxx2LAkI7nzlp

Read 気持ちの良い空間をつくるポイントは床材にあり [住宅設計・間取り] More!

住まいの広さはどのくらいが基準になる? [住宅設計・間取り]

Allabout No Comments »

だいたいどのくらいの面積が必要なの?

住宅の延べ床面積は我が家の場合はどのくらいが適当なのだろう?

家を建てる時、土地を購入する時には、まずは住まい全体でだいたいこのくらいの広さが欲しいというイメージを固める必要があります。
住まいの広さ(=面積)は家族構成、ライフスタイル、予算、すでに土地を持っているならその土地の広さなどを元に検討しますが、今回は参考に、都道府県別の住まいの広さの平均値と、国が「このくらいの広さがあった方がいいですよ」と勧める居住水準の二つを見てみたいと思います。
まずは都道府県別1住宅当たりの延べ面積をランキング形式でお伝えします。


 

都道府県別 1住宅当たりの延べ面積ランキング
総務省統計局のデータ(【表1】)によると、全国で1住戸当たりの面積が最も広いのは「富山県」で151.37平方メートル(45.79坪)、2位が「福井県」で147.99平方メートル(44.77坪)、3位が「秋田県」で139.84平方メートル(42.30坪)、4位「山形県」で138.06平方メートル(41.76坪)となっています。

【表1】都道府県別住宅の規模ランキング(出典:総務省 日本統計年鑑)

面積が少ない方からみた1位は「東京都」で63.94平方メートル(19.34坪)、2位が「大阪府」で74.78平方メートル(22.62坪)、3位が「沖縄県」で75.90平方メートル(22.96坪)、4位が「神奈川県」の76.46平方メートル(23.13坪)と続きます。
最も広い富山県と最も狭い東京都の1戸当たりの床面積だけを比較すれば、倍以上の開きがあることがわかります。しかし住宅の総数を見てみると、東京都は富山県の16倍もの住宅数を抱えています。人口密度、二世帯同居の割合、建てられるマンション数の違い、土地代、建設コストなどなど、面積を決定する要因は様々ですが、地域によって、一戸当たりの床面積の平均値にかなりバラツキがあるということは興味深いことです。広い家に住みたい場合は住む地域選びも大切ですね。
次のページで国が定めた目標値「居住水準」を見てみましょう。

http://rss.rssad.jp/rss/artclk/hU1K_B5u9Yzi/2dfcd0cad679cb91ffd8ea449b245980?ul=b9p0nklDSKFWJgtly1RkFnerG7CNcCflE3jeHWqQ.zrH.38rv.inTrADlvjnwAZZ9zqZkUWNJdr2jzMfiuKMoL6YFNDx

Read 住まいの広さはどのくらいが基準になる? [住宅設計・間取り] More!

片付けやすいキッチンのフリー収納プラン [住宅設計・間取り]

Allabout No Comments »

[...]

Read 片付けやすいキッチンのフリー収納プラン [住宅設計・間取り] More!

衣替えがラクに片付く収納とその間取り [住宅設計・間取り]

Allabout No Comments »

[...]

Read 衣替えがラクに片付く収納とその間取り [住宅設計・間取り] More!

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Log in