包丁で脅され緊急保護 見極め苦慮する自治体職員「高齢者の問題、光が見えない」【銀髪の時代ー母と息子④】 – 銀髪の時代 「老い」を生きる

Naha-shi No Comments »

 同居する50代の息子は、気に入らないことがあると火が付いたように怒り出し、物を投げ付け威嚇した。身の危険におののく日々が続いたある日の夜。「もう死のうかな」。吉山信子さん(70代)は服用薬を大量に飲んだ。その場を目撃した息子は包丁を手に「はき出せ」と迫った。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/99475

Read 包丁で脅され緊急保護 見極め苦慮する自治体職員「高齢者の問題、光が見えない」【銀髪の時代ー母と息子④】 – 銀髪の時代 「老い」を生きる More!

「私が悪いから仕方ない」 助けを求める発想なく 地域社会も深入りせず【銀髪の時代ー母と息子②】 – 銀髪の時代 「老い」を生きる

Naha-shi No Comments »

 心理的虐待、経済的虐待、ネグレクト(介護や世話の放棄)…。息子に家を追い出され、水も出ない小屋で酷暑も耐えた崎浜ミヨさん(90代)のケースは、複数の虐待の要素が絡み合っていた可能性がある。「親子なのに、何でこうなってしまったかねー」。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/98978

Read 「私が悪いから仕方ない」 助けを求める発想なく 地域社会も深入りせず【銀髪の時代ー母と息子②】 – 銀髪の時代 「老い」を生きる More!

「こんなに生きるとは・・・」 家追われ小屋暮らし 水やトイレ、公園でしのぐ【銀髪の時代ー母と息子①】 – 銀髪の時代 「老い」を生きる

Naha-shi No Comments »

 「こんなに生きると思わなかった。迎えはまだかねえ」。本島内の1Kアパートに1人で暮らす90代の崎浜ミヨさんは、投げやりな言葉が口癖だ。それでも要支援2で、身の回りのことはほぼ自分でこなす。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/98971

Read 「こんなに生きるとは・・・」 家追われ小屋暮らし 水やトイレ、公園でしのぐ【銀髪の時代ー母と息子①】 – 銀髪の時代 「老い」を生きる More!

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Log in