【軌道馬車】那覇と糸満結ぶ9キロ 子どもたちが「追いかけっこ」 – 1935沖縄 よみがえる古里

Naha-shi No Comments »

 1935年の沖縄写真群には、那覇-糸満の約9キロを走った「軌道馬車」も写っていた。那覇側からみて道の左に敷かれたレールの上を走る交通機関だ。豊見城市渡橋名の高良健二さん(87)は「大人のジョギング、子どものかけっこ程度の速さだった」と思い出す。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/110405

Read 【軌道馬車】那覇と糸満結ぶ9キロ 子どもたちが「追いかけっこ」 – 1935沖縄 よみがえる古里 More!

【糸満売り(上)】漁師の家に住み込みで働く子どもたち 体得した潜水技術で67m潜る – 1935沖縄 よみがえる古里

Naha-shi No Comments »

 「アマ、ミユンロー(海が見えるぞ)」「ヤ、テダ、ミユンローヤ(お日さまも見える)」 糸満を訪れた旅人のカメラをのぞいて、不思議そうにはしゃぐ子たち。サバニの手入れをしていた子どもたちの、そんな言葉が雑誌「旅と伝説」1930年元日号に記録されている。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/109246

Read 【糸満売り(上)】漁師の家に住み込みで働く子どもたち 体得した潜水技術で67m潜る – 1935沖縄 よみがえる古里 More!

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Log in